スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異年齢で遊ぶ重要性

公園遊びなどもそうですが
異年齢で遊ぶ機会がどんどん減ってきていることに
とても残念に思いながら、
これも時代の流れなんだろうなぁ~と思っています。
大人も子供は異年齢で遊ぶ方が良いと思っていても
なかなかその機会を見いだせずにいますね。
習いごとが多くなった、子供だけでは危険なので
外に大人もついていかなくてはならない等
本当に昔とは違う環境があります。
でも、サークルに参加したり
公園でも出来るだけ人が居る場所を選んだりと
異年齢の子供と触れ合える機会を作ってくださいね。
子供にとって、自分より少し大きい子供からの
影響はとてつもなく大きいです。
兄弟で下の子の成長が早いのは
そういう自分より大きい子供たちの影響もあるのです。

うちは幸いなことに、毎日外へ出れば
異年齢の子供たちと遊べる環境にあります。
なので、どんどん成長していきますね。
現在年少の次女は、もう補助輪を外して
自転車に乗る練習が始まりました。
もちろん自分で「補助輪なしで練習する」と言い出したのです。
きっかけは年中の子供たちが補助輪なしで練習を始めたから。
大人がそろそろ補助輪はずそうかと言わなくても
周りの子供たちのおかげで自分から言い出せたのです。
本人はやる気満々で、
自転車の練習がしたいから外へ行きたいと最近はよく言っています。
この自分からやりたいということが何よりも大切です。
おむつトレーニングにしても、
自分からやると言い出せば、意外と早く取れますが
大人の都合で始めたのならば、時間は長くかかります。

さかあがりも、スキップも、うんていも、どんどん出来るように
なっていく4歳児。
室内では側転がしたいと
現在逆立ちの練習を手伝ってと言っています(笑)

これは決して性格云々の話ではないのです。
子供は上手にもっていけば、だれでも向上心があります。
その向上心の芽を摘まずに、ちゃんと水を与えていたら
どんどん上へ伸びていくのです。
今だからこそある限りない向上心。
この時期にぜひ大切にしてもらいたいのがこの向上心を
いかに伸ばすか。
人は大きくなるにつれて、挑戦することに憶病になります。
でも向上心さえあれば、一歩前へ踏み出せるのです。
行動を起こせば、何かが変わります。
ぜひ幼少期に、この有り余る向上心を
上手に引き出してあげてくださいね。

私もまた一歩前へ進む予定です。
12月には、キッズマッサージインストラクター、
アタッチメントジムインストラクターの資格を取ることにしました

今までキッズマッサージ講座では自分なりに勉強して、
ベビーマッサージを基本にやってきましたが
また別の角度から勉強してみたいと思いました。
いくつになっても上へ上へ伸びて生きたいです♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゅ~ぴ~ちゃん

Author:きゅ~ぴ~ちゃん
平成25年に、埼玉県越谷市へ引っ越しました!
去年まで、名古屋市守山児童館で、わらべ歌&キッズマッサージ、プレママ講座を担当 女の子2児のママ たくさん子育てに悩んできました。でもそんな中でたくさんのものも学びました。ぜひ育児中のママに伝えたいことがあります。それは「笑顔の大切さ」一緒に、楽しい育児をしてみませんか?
イオンせんげん台店近くで、自宅教室を開催!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
IP Address "Host Name" "Access Time" "Access URL" "HTTP Referer" User Agent
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。