スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の言い訳

長女は、悪いことをしたらすぐに謝りなさいと
ある意味強制的に謝る習慣をつけました。
でも、後々どうして怒られたら訊くと
覚えていないことが多かったので、
次女は、悪いことをしても
ちゃんと言葉で言い聞かせますが
謝ることは自分からするまで待つことにしました。
もちろん待つのは、対私に対してのことです。
お友達や、他の人に対しては
チャンスや時間がないので、
一人で謝れないときは一緒に謝るようにしてきました。
時には2日くらい経ってから
あの時はごめんなさいと謝ることもあります。
でもちゃんと悪いなぁ。。。という事は理解できています。
長女は、次女を見て、なぜすぐに謝れないんだろうねぇ~と言います。
悪いことは悪いとがつんとすることももちろん大切です。
そうすることで、記憶に残るタイプの子ももちろんいます。
比較的に、男の子はそうだと思います。
体で覚えさせる。痛みを伴う記憶は残りやすいくなりますが
時には恐怖心を与えてしまうので、逆にトラウマになることもあります。
その加減や、フォローがとても大事になります。
私は二人に娘に全く違う方法で、
悪いことを教えています。
現時点では、次女はちゃんと何に対して怒られたのか理解していることです。
ただ、まだ理解はできても、行動を改善するまでは至っていません。
きっとそれは10歳になった時に
ちゃんと改善されていればいいという思いで見守っています。
長女と次女、どちらの対応が正しいのか
今の私にはまだわかりませんが
もちろんその子の性格も作用すると思いますが
色々な思いを込めて、観察していきたいと思います。
今の私は、強制的に謝らせても忘れるくらいなら
時間をかけて、その子のペースで謝らせて
記憶に残す方が、後々の成長にプラスなのではないかと考えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゅ~ぴ~ちゃん

Author:きゅ~ぴ~ちゃん
平成25年に、埼玉県越谷市へ引っ越しました!
去年まで、名古屋市守山児童館で、わらべ歌&キッズマッサージ、プレママ講座を担当 女の子2児のママ たくさん子育てに悩んできました。でもそんな中でたくさんのものも学びました。ぜひ育児中のママに伝えたいことがあります。それは「笑顔の大切さ」一緒に、楽しい育児をしてみませんか?
イオンせんげん台店近くで、自宅教室を開催!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
IP Address "Host Name" "Access Time" "Access URL" "HTTP Referer" User Agent
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。