スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の言葉

子育てって難しいなぁ~と思う方もいらっしゃると思いますが
そう思われる方は、きっと真剣に子育てについて
考えているんだろうなぁ~と思うのです。
単純に「難しい」という言葉だけを拾うとマイナス的ですが
その言葉を使った人の心を読もうとすれば
それはとてもプラスなことに変わるのです♪

私たちは、子供に対して意外と無意識なうちに安易に言葉を使っています。
例えば「だめ」という言葉。
数えてみると、1日に100回以上言っているママもいるのではないでしょうか?
私は、人を観察するのが大好きなので(笑)
よくママの言動やその子の表情や行動を見ているのですが
「だめ」を連発されている子供は、やはり癇癪がひどかったり
人の話を理解できていなかったりして、悪循環にはまっています。
でも、「だめ」という言葉を使わずに
子供の気持ちを代弁して言っているママの子供は
ちゃんと相手の目を見て、相手が何を自分に求めているかを察知していますね。
だから、怒ることも少なくすみますし、何より話が通じるので
ママも楽だし、楽しくなりやすくなります。

子供の立場で物事を考えた時、
自分のしたことや、考えたこと、気持ちに対して
文章に「だめ」という言葉が入ると
その言葉だけが印象に残り、全てが否定されたと感じてしまいます。
でもそれは、子供だけではなく私たち大人だってそうなのです。
だから、安易に大人に対して「それはだめです」とは言いませんよね。
傷つくし、お互いの関係が悪くなるのが分かるからです。
ではそれを分かっていて、なぜ子供には安易に使ってしまうのでしょう?
子供だって感じる心は大人と同じです。
やっぱり傷ついてしまうのです。そして、反発心や攻撃性、絶望感から
泣いたり癇癪を起すようになっていくのですね。

もしこれまでに子供に対して「だめ」と言っていたのであれば
「だめ」という言葉を使わずに、自分の考えを子供に伝える方法を考えてみて下さい。
それだけで、子供の理解力がぐっと上がります。
そして、本当にだめなこと(命にかかわる事等)だけ「だめ」を使うようにすると
子供は変化を見せます。ぜひ試してみて下さい♪

そうそう、私が子育てで実感している事があります。
それは子供が泣いた時の対処の仕方。
転んだり、どこかで打ったりして泣いているときは
「痛かったねぇ~」と本当に痛そうな顔をして言ってあげると
短時間で泣きやみます。
「大丈夫大丈夫!」「泣かないの」を言われている子供は
案外長く泣き続けますね。
これは、私の泣きたい気持ちを理解して~という意味で泣いているので
否定の言葉を使われると、分からせるまで泣いてやろう!という意識が働くのですね。
だから、どうして泣いているのか、その理由を言葉にしてあげると
自分の気持ちを分かってもらえたと納得して、泣きやむのです(笑)
これはとても効果てきめんですね♪
我が家の娘は、そう育てたので
あまり泣きません。=我慢強いですね。
我慢って、他人から強制されて身につくものではないのです。
自ら身につける力なんですね。
ただ、泣いている子供の気持ちを言ってあげる(心から)だけで
我慢する力もついてくるのです。
もちろん全てにあてはまるわけではないのですが
比較的この傾向は強いと思います。
実際周りを見ていても「泣かないの」と言われている子供は
やはり泣く時間も長いし、癇癪もひどくなる傾向が見受けられます。
もしお子さんが泣いたら、その理由を言葉で言ってあげて下さい。
それがその子にとって一番安心出来る魔法の言葉になると思います♪
スポンサーサイト

ありのままを受け入れる事

巷では、宗教、仕事、趣味、占い等々、
同じ事であっても、
ある人にはプラスになり、ある人にはマイナスになる
ということがたくさんあります。

私は、確かに悪徳商法や、勧誘や寄付の多い宗教など
相手に不快を与えるものは駄目ですが、
当人が納得してしているものは基本的にそれでいいと思っています。

大切な事は、その人自身がそのことをすることによって
自分の心のバランスを保ち、心の余裕を多く見いだせるかだと思っています。
なので、一概に他人のしている事や、思考を批判するのは
いけない事だと思っています。

とかく、私たちは、大人のする事にはその冷静な目を持ちますが
自分の子供がする事になると、なかなかその子のそのままを受け入れがたいものです。
それはなぜなのでしょうか?

例えば、夏休みの宿題をぎりぎりまでやっている。
ピアノの練習をしない。
嫌いなことに挑戦しない。
だらしがない。
片付けしない等々、
その子の悪いところが目について、ついつい注意をしたくなります。
でも、その注意は本当にその子のために言っているのでしょうか?
実は自分の自己満足、ストレス発散のためだったりしないでしょうか?

人は、人に認めてもらえたり、受け入れられているという安心感があって
やっと他人を認め、受け入れる事が出来ます。
もし、自分が子供を受け入れられず、
感情のまま叱ってしまうのだとしたら
それは自分自身へのSOSなのです。
自分の心が満足していない、誰かに受け入れられていないからこそ
子供を受け入れる余裕がないのだと思います。
だから、自分だけが悪いのではないのです。
そう考えると、ママの拠り所が必ず必要で、
虐待も、育児放棄も実はみんなの問題だと思うのです。

私は、出来ればママたちの話し相手になりたいと思っています。
色々な子供に対する事件を目にするたびに、
この親の周りに、心を開ける相手がいたら
きっと違う結果が出ただろうに。。。といつも思うのです。
自分の子供だけが幸せならそれでいいなんて
絶対にあり得ないのです。
その子もたくさんの人と関わりながら生きていくのです。
だから、たくさんの人が幸せになれる方法を模索する必要があり
その気持ちが大切なのだと思うのです。

育児は親だけでするものではありません。
親だって、人間です。
弱いときだって、イライラするときだって、不安になるときだってあります。
そんな時、親身になって話を聞いてくれる人がいれば
きっと前へ進む事ができるのではないかと思うのです。
苦しい時は、周りに頼り、そして誰かが苦しい時は
自分が誰かを支えていける。
そんな人間関係の姿をぜひ、子供たちに見せてほしいと思います。
私もそんな思いで、活動をしていきたいと思っています。

実は、私自身あまり占いはしないのですが
人生でこれまで2回ほど占いをしてもらったことがあります。
一度は高校生の時、宮崎に住んでいたころです。
その時に言われた事は、あなたは東の方でボランティアをする
ということでした。
当時は全く信じられませんでしたが、今そうなっていますね(笑)

そして、最近占いの話があり、久しぶりに占ってもらおうかなぁ~と
思い、「数秘占い」というものをしてもらいました。
これは一度占うと、一生変わらない内容だそうです。
誕生日と、旧姓から数字を出し、占っていきます。
最初は私だけ占ってもらったのですが、
結局面白くなって、家族全員分の占いをしてもらいました。
そこで、良かったなぁ~と思える事は、
長女は、きっちり出来ないが、ぐんぐん前へ前へ伸びていこうと頑張るタイプ。
次女は、たくさんの人と付き合うのは苦手だけど、1対1の関係を重んじ
きっちりこなしていくタイプということでした。
私は今まで、長女には「きっちりしなさい」
次女には「たくさんの友達をつくりなさい」と言ってきました。
でもこれは二人にとっては無理な話で、元々その素質がないのだから
言ってもマイナスになるだけで、仕方のないことなんだなぁ~と思えたのです。
要は、占いのお陰で、子供たちの欠点と思っていた事がすとんと胸に落ちたのです
それ以降、欠点が目についても、仕方がないかと思えるようになりました。
これもまた、そのままの子供を受け入れる一つの手段なんだなぁ~と思ったのです(笑)
占ってくれた先生がとても共感できる先生で
相手を否定したくないので、出来るだけ肯定できる言葉を使ってくれます。
良い言葉8割、マイナスな言葉2割くらいでしょうか(笑)
なので、占いの結果を聞いた後、嫌な気持ちがしないのです♪
とてもお勧めの先生でした!
興味がある方は、また私の方へ訊いてください♪
ご紹介しますね。ちなみに占い料は2000円だそうです。
安い方みたいですね!私は経験がないので、比較ができないのですが(笑)
ちなみに私は、サークル活動、子供関連の仕事に向いていて
母性豊かでラッキーなタイプだそうです(笑)
今までの人生ラッキーだと思っているので、ぴったりでした!
プロフィール

きゅ~ぴ~ちゃん

Author:きゅ~ぴ~ちゃん
平成25年に、埼玉県越谷市へ引っ越しました!
去年まで、名古屋市守山児童館で、わらべ歌&キッズマッサージ、プレママ講座を担当 女の子2児のママ たくさん子育てに悩んできました。でもそんな中でたくさんのものも学びました。ぜひ育児中のママに伝えたいことがあります。それは「笑顔の大切さ」一緒に、楽しい育児をしてみませんか?
イオンせんげん台店近くで、自宅教室を開催!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
IP Address "Host Name" "Access Time" "Access URL" "HTTP Referer" User Agent
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。