スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越谷市で活動を再開!

いよいよ越谷市で、本格的に教室を開催したいと思います♪

どれくらいの需要があるかはわかりませんが、

とりあえず、出来るだけのことはしてみようと思います!

また新たな出会いがあるといいなぁ♡と期待して(^^)

ホームページを、越谷バージョンに変更しました。

またこれからも、頑張ってみます!
スポンサーサイト

かなり久しぶりです!

ブログ放置ですみません!

かなりのハードスケジュールで、ネットは全然していませんでした!

さてさて、3月末に転勤により、埼玉県越谷市に引っ越しました。

そして、カウンセラーの資格も取得しました。

新しい土地で、親子教室をするのか、カウンセリングルームを開くのか。。。

全く違う仕事をするのか思案中です(笑)

一応、自宅教室の準備は出来ているのですが

どうやって広告しようか悩んでいます。

そうそう、先月からフェイスブックを始めました。

本名で検索して頂ければ、出てくると思うので

お知り合いの方は友達申請してください(^_-)ネッ

もったいない言葉

先週末は、子ども達とそれぞれのお友達を連れて

三重県名張市の、忍者の森へ行ってきました!

ここは赤目四十八滝の所にあり、

忍者修業をかなりリアルにさせてくれるところです♪

ロープ渡りがあったり、本物の手裏剣を投げたり

川をロープと簡単なタイヤいかだだけで渡ったり・・・

かなり面白かったです♪

子供たちは総勢5人だったのですが

5色くらいある衣装の中かから、全員が青を選びました(笑)

なので、周りから「青族」と呼ばれました!

全員で30名くらいで、回ったのですが

意外と大人の参加者も多かったです。

最初に挑戦したのは、ただの板壁を登って降りると言うもの。

1.2m 1.5m 1.8mくらいのただの板があり

それを何も使わずに登りました。

意外と大人でも真ん中の板で苦戦して、女性は登れませんでしたね~

最後の板は、男性でも半分ほど登れたかな?

そんな中、身長115センチの次女は、2枚目まで余裕で登り

みんなから歓声を浴び、長女は148センチですが

3枚目の板を余裕で登り、歓声を浴び、

運動神経の良いお姉ちゃんと呼ばれていました(笑)

二人とも、腕力だけで登りましたね。

私もよく教室で言うのですが、自分の体重を支える事が

出来る事が目標で、これが出来れば

高いところへ登っても、怪我をしにくいのです。

この力や、運動神経、実は身につけるのはごくごく簡単なこと。

それは、1~2歳台に、高いところや危なさそうなところ(溝の淵等)へ

行きたがったら、出来るだけそのまま行かせること。

もちろん、私は落ちてもフォローできる位置に居て、

触れない程度に手を保ちながら、一緒に動きます。

ほとんど挑戦したいと言ったことに、「ノー」とは言いませんでした。

なので、長女も次女も、ジャングルジムは2歳前後で頂点まで行きましたし

小学生レベルの7m以上のアスレチックも

次女は3歳で難なく登っていました(もちろん私も並行して登りました)

よく公園で見かける、板が少し湾曲していて、ロープがぶら下がっている遊具は

2歳でひょいひょい登りました。

これは決して運動神経と言う事ではなく

本人の本能を信じて、ただ止めなかっただけの事なのです。

本当に無理と思えば、自分で止めるのです。

それも一つの自分を客観的に見る練習です。

子供は、ある程度の命の危険を伴う方が

神経も、感覚も、バランスも研ぎ澄まされていきます。

危ない危ないとそれに挑戦させていないと

運動神経は発達しません。

そして、脳は体を動かすために発達したものです。

体を使わずに、脳だけ鍛えたところで限界があります。

小学生までは、体と心を鍛え、

中学、高校くらいから、体から脳へと移行していくのが

いいのではないかなぁ~と思います。

さてさて、その忍者の森に、ロープが下がっている5mくらいの

板がありました。

ちょうど2年生くらいの男の子が挑戦していたのですが

あと残り1mくらいのところで、

親は「もう私の手が届かないからこわい」

「その辺で止めておけ」と言っているのです。

私と主人はその子には登り切る力があると見ましたので

脇から(笑)「もうちょっとだ!がんばれ!」と

声を掛けました。

一瞬諦めそうだったのですが、気を取り直して登り切りました!

そしたら、親は「すごい!こんなことが出来るなんて!

感動してる!」と言っているのです。。。

どうぞ、自分の気持ちだけを優先して言葉を使うのではなく

ちゃんとその子を見て

やりたいと思っているのかいないのか、そこをちゃんと

見てあげて下さい。

やりたいと思っているのであれば、最大限に出来るように

応援してあげればいいのです。

小さな達成感をたくさん味わいながら成長すれば

きっと物事に挑戦する子になり、

諦めずに頑張る子になります。

自分の不安をぬぐうために言葉を使う前に

まずはその子の心の動きをしっかり見極めて

応援してあげてほしいなと思います。

最後の川渡り、30名中成功者は10名くらい。

結構みんなどぼんどぼん落ちました(笑)

うちの青族は5人全員成功しました♪

6歳の次女も難なくクリア~で、親の私たちも

驚かされました!

子供って、脅さなければ凄い力を発揮するものですね♪

育てにくいと感じる子

子供たちにも、育てる親にも色々なタイプの人がいて

色々な育児があると思います。

私たちは、人生の中で、恋人、友達、夫や妻。。。

多種多様な人間関係の中で

唯一自分で選べないのが親子関係です。

なので、色々な葛藤や、ぶつかる事もあり

そして、幸せを感じる事もあるのだと思います。

親が自分の子を育てにくいと感じたら

それは、子供が悪いわけでも、親が悪いわけでもありません。

ただ、親と子のタイプがあまりに違いすぎるか

親が、何かの暗示や枠に囚われている時です。

私たちは、今までの人生において、色々な人から

たくさんの暗示を掛けられています。

例えば、人は家族を作って、子供を育てなければならない。

男は仕事をして家族を守り、女は家事をしなければならない。

子供は素直が良い。

車は左側通行(海外では右側通行が圧倒的に多いです)

探せば、きりがないですね。

これも、生活する上でプラスに働く暗示であればよいのですが

時としてマイナスに働く暗示の方が多い事もあります。

子供を育てにくいと感じたら

自分の中に、育てにくいと感じる要因になる暗示がないか

少し自分を見つめて下さい。

子育ては多種多様で良いのです。

幼稚園に行かなくても、保育園に行かなくても

ちゃんと大人になる人もいます。

集団生活が今は送れなくても、親のいうことを聞かなくても

それにはそれ相応の原因があり

その解決のために親が気づき心を砕いていけば

大人になるまでに、解決方法が少しずつ見えてくるものです。

親として大切な事は、子どもの表現方法に惑わされずに

子どもの心がどういう動きをして、何を求めているのかということを

感じることです。

そして、イタズラの中にはその悪戯をした知恵と勇気を、

物を壊したら、エネルギーの満ち溢れている事を

高いところへ登ったら、その勇気とバランス感覚の良い事を

叱られるとわかってもしたならば、大きな力に屈しない力を持っている事を

まず認めてから、諭す、叱る、感心する、共感する。

認める次の行動は、その人なりでよいのです。

ただ、その時の子どもの心に動いた何かを見つけて認める事が大切です。

癇癪のひどい子がいます。

私は、癇癪を何時間も続けられる子には、根気強さ、意思を貫徹する強い心を感じます。

勘が強く、誤魔化しが効かない子は、洞察力の鋭さ、物事を極める力を見ます。

どうぞ、その力を認めてあげて下さい。

きっと大人になって、他人よりも秀でて何かを成し遂げる人は

そういう幼少期を大切にされた人ではないかと思うのです。

嘆いてばかりでは、物事は前に進みません。

少し見方を変えて、その子の可能性を広げてあげて下さい。

その為には、親がストレスを上手く発散する事です。

ストレスを抱えていては、手のかかる子を受け止める事なんて

難しいのです。

自分に余裕を持ててこそ、受け止める力が出てきます。

自分のバランスもちゃんと取る事も含めて

子供を育てにくいと感じたら、一度自分の生活を見直してみて下さい♪

エネルギーを発散させる

今日は、長女は、テスト勉強でうっぷんが溜まっているようで

次女は、夕方お友達と上手くいかなかったようで

ストレスを溜めているようだったので

寝る前に「相撲をしよう!」と提案しました(笑)

ん?なぜ相撲?なんて訊かないでください(^_-)ネッ

単なる思い付きです(笑)

とにかく体の中にマイナスエネルギーが溜まっている二人に

発散させる方法が相撲だと思いついたんです(笑)

まずは次女と相撲を取りました!

5歳ながらに全身で押してくるので

多少は動きました(笑)

でももちろん私の勝ち!(安易に勝ちは譲らない)

次にお尻相撲、手押し相撲と5回くらいしたところに

やっと気が向いた長女が来ました♪

もう148センチあるので、結構大きいです。

二人とも腕を掴みあって、一歩も引かずというより

技をかけてはかわし、技をかけてはかわし・・・

全然勝負がつきませんでした!!

しまいには、腕を掴みあったままクルクル廻る始末(;^_^A アセアセ・・・

まるで相撲ではなく社交ダンスだね!と冗談を言っては

大笑いして♪

ただまだ引き際が読めない次女は

まだやりたいと言い続け、もう寝る時間をとっくに過ぎていたので

今日はおしまい!また明日ね♪と私が言うと

拗ねたまま寝ようとしたので、そのまま横向きにくるくる回し

機嫌が半分直ったところで寝ました(笑)

子供って、エネルギーが余分に体に溜まる時がありますね~

そういう時は、体を使って発散させます。

溜めていると、イライラし始めたり、癇癪を起したり

すぐに泣いたりとマイナス表現に変わるので

そろそろ溜まってきているなぁ~というころに発散させます。

やはり体を使って、大いに笑える方法が良いようです♪

私も楽しかったです!
プロフィール

きゅ~ぴ~ちゃん

Author:きゅ~ぴ~ちゃん
平成25年に、埼玉県越谷市へ引っ越しました!
去年まで、名古屋市守山児童館で、わらべ歌&キッズマッサージ、プレママ講座を担当 女の子2児のママ たくさん子育てに悩んできました。でもそんな中でたくさんのものも学びました。ぜひ育児中のママに伝えたいことがあります。それは「笑顔の大切さ」一緒に、楽しい育児をしてみませんか?
イオンせんげん台店近くで、自宅教室を開催!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
IP Address "Host Name" "Access Time" "Access URL" "HTTP Referer" User Agent
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。